前へ
次へ

営業求人で転職するならどちらを選ぶのか

営業職では「対人」が業績アップに繋がるもので、これは顧客の顔が見えないネット販売でも同様に、ヒアリング能力に加え、外回り営業(個人宅)では行動力が必要になります。
転職するなら、営業求人の種類として法人営業に関心を深める人もいます。
企業が対人となり、一般に商社や工場、流通などの業界へ営業をかけます。
ビジネスマナーは必須、専門用語も飛び交うなか、最近の法人営業でも問題に対してシビアな意見ばかりをまくし立てる法人格が増え、解決能力が求められます。
転職するにしてもそれまでの成功がカギになり、未経験より経験者が求められ、契約数をしっかりアピールしましょう。
一方、未経験も歓迎する営業求人となるのは個人営業です。
私たちのように消費者を対象としています。
金融や車、住宅などの人生の中でも大きな買い物となる商品を取り扱うのですが、感情までもダイレクトに受けやすく、転職したことを一度は後悔しがちなのも特徴です。
打たれ強い、図太い性格の持ち主のほうが渡り歩けるでしょう。
もちろん、対人関係を築きやすく、魅力ある商品ならば周りにも拡散してくれるご贔屓にしてくれる個人も少なくありません。

Page Top